明石町便り

須永朝彦情報

■著作撰(書影集)
■入手可能著書一覧
■明石町便り更新12/12/12
■バックナンバー更新11/5/23

須永朝彦バックナンバー

1・日影丈吉
◆給仕少年の推奨献立
◆色のない絵具
◆さまよへる悪霊、或は屈託多き女
◆日影さんのこと

2・井上保&森茉莉
◆殉情は流るゝ清水のごとく
◆Anders als die Anderen
◆『マドモアゼル ルウルウ』奇談

3・泉鏡花
◆魔界の哀愁

4・堀口大學
◆堀口先生のこと

5・足穂&乱歩
◆天狗、少年ほか

6・郡司正勝
◆郡司先生の憂鬱ほか

7・菊地秀行&小泉喜美子
◆美貌の都・月影に咲く蘭の花

8・高柳重信&中村苑子
◆るんば・たんば・『水妖詞館』の頃

9・バレエ
◆アンドロギュヌスの魅惑

10・ディートリッヒ
◆蛾眉

11・内田百間
◆片づかない氣持がする

12・和歌・短歌
◆戀の歌とジェンダー

明石町便り

明石町便り1
明石町便り2
明石町便り3
明石町便り4
明石町便り5
明石町便り6
明石町便り7
明石町便り8
番外篇
明石町便り9
明石町便り10
明石町便り11
明石町便り12
明石町便り13
明石町便り14
明石町便り15
明石町便り16
明石町便り17
明石町便り18
明石町便り18・續
明石町便り18・續々
明石町便り19
明石町便り19・續
明石町便り20
明石町便り21
明石町便り22

《明石町便り22   2012/12/11》



★終了のお知らせ
 2001年から12年間、文字通りの「斷續的に」ではありましたが、前回の21を以て終了と致しました。御覽下さつた方々に、あらためて御禮申し上げます。
《須永朝彦の埴科便り》

 8月30日、34年住み馴れた明石町の住居を引き拂ひ、縁有つて長野縣の千曲市に轉居、早や三ケ月の餘が經ちました。引越後間もなく肺炎など患ひ、一時は如何(どう)なることかと案じられましたが、先月中頃から漸く人並みの起居(たちゐ)が出來るやうになりました。豫(かね)て《明石町便り》に變はるものを始めんと考へてをりましたので、家主の石堂藍さんに相談申し上げたところ、自分で好きな時に書き込めるブログを勸められました。初心者の自分に果たして爲し果(おほ)せるものかどうか、聊か不安でしたが、「誰でも最初は初心者でせう」といふ石堂さんのお言葉に背を押され、11月28日から《須永朝彦の埴科便り》といふ看板を掲げて開設致しました。畫像豐かにと心がけてまゐりますので、お氣が向かれましたら、引き續き此方(こちら)も御覽下さいまし。
須永朝彦の埴科便り